日本プログラミングスクールのJava研修・講座とは?

・良心的な価格で、法人のお客様の研修にも個人のお客様のご受講にもご利用いただけます。
・通学・通信学習・オンラインコースがあります。
・完全個別指導(1対1で実務経験のある熟練講師が直接指導いたします。)
・フリータイム制(曜日や時間帯を決めずにご都合のよい時に自由にご受講いただけます。)
・法人様も個人のお客様も随時ご受講をスタートできます。
・母体ソフトウェア会社(株式会社イーテクノロジー)がプログラミング未経験者の為に開発した実践的なカリキュラムです。
Javaの基礎(フローチャート含む)から実践(Webプログラミング含む)まで学べます。

Javaの特徴

Javaは、1990年代前半、サン・マイクロシステムズによって設計・開発された言語で、プログラマの使い勝手と動作速度のバランスを考えて設計されました。
Javaの構文は一般的な言語(C言語やC++)との乖離を避けるため、意図的に似せたと言われています。
しかし、その特徴はメモリ管理にあり、メモリ管理を完全に自動化することで、プログラマによるメモリリーク(破壊)が起こらないように配慮されています。
また、代表的なオブジェクト指向言語としてオブジェクト指向の考え方とともに広く普及しました。
Javaは、2000年に入りインターネットの進展とともに、Webアプリケーションの開発が盛んになり、Web系システムや携帯などのアプリ開発でよく使われるようになりました。
現在、多くの企業がJavaで作られたシステムを導入しており、非常に需要が高いのが特徴です。

こんな方におすすめ

Webアプリの開発にご興味のある方
ソフトウェア業界への就・転職を目指される方

日本プログラミングスクールの「Java講座」にご興味をお持ちの方は、下のいずれかのボタンからお進みください。

 

 

日本プログラミングスクールのJava講座のカリキュラム

構成

プログラミング基礎(フローチャート)・Java入門・Javaマスターの2つのカリキュラムを通して、Javaのプログラミングを段階的に学びます。
その後、Webアプリの開発を学びたい方はJava Webプログラミング(実践演習含む)へお進みください。

概要

1
プログラミング基礎

プログラミングの基礎となるアルゴリズムを、フローチャート(処理の流れ図)の作成を通して学習していきます。

2
Java入門

初めてJavaを学習する方を対象に、Java言語の基礎とオブジェクト指向について学習していきます。

3
Javaマスター

Java言語におけるオブジェクト指向の特徴を、具体的なプログラムを例に学習していきます。

4
Java Webプログラミング

Webアプリケーションを開発する際に必要なサーバサイドJavaの主要技術(Servlet、JSP)、更にデータベースとの連携について学びます。
又、上記のWebアプリケーション知識を使った実践演習課題を行います。

内容

カリキュラム内容標準受講時間
合計時間185時間
プログラミング基礎
  1. プログラミングの基礎
  2. フローチャートの作成
    社員名簿等を題材とした各種フローチャート課題を行います。
15時間
Java入門

第1章 Javaの基礎知識
 STEP1 変数とデータ型
 STEP2 演算子
 練習問題1
 STEP3 識別子
 STEP4 配列
 練習問題2
 STEP5 制御の流れ(ステートメント)
 練習問題3
 STEP6 クラス
 練習問題4
 STEP7 コマンドプロンプトの基礎知識
 STEP8 JDK(Java Development Kit)の使用方法
 課題1 1から100までの和を計算し出力
 課題2 変数Aの値から変数Bの値までの和を計算し出力
 課題3 配列の要素の値の和を計算し出力
 課題4 配列の要素の値の平均を計算し出力
 課題5 配列の要素から最小値を抽出し出力
 課題6 社員名簿から男性と女性の人数を計算し出力
 課題7 社員名簿から全社員の平均年齢を計算し出力
 課題8 入力条件に従い、社員名簿から該当する社員の平均年齢を計算し出力
 課題9 社員名簿から年齢の一番若い社員の社員番号を抽出し出力
 課題10 社員名簿を年齢の高い順に並び替え
 課題11 入力条件に従い、社員名簿を年齢の高い順、又は低い順に並び替え
 課題12 年齢の高い順に並び替えた社員名簿の該当位置に社員1名を追加
 課題13 社員名簿から年齢の一番若い社員1名を削除
第2章 変数とメソッド
 STEP1 クラス図とシーケンス図
 STEP2 static修飾子
 STEP3 プリミティブ型と参照型
 STEP4 オーバーロード
第3章 パッケージ
 STEP1 パッケージ
 STEP2 クラスパス
 STEP3 継承
 STEP4 final修飾子
 STEP5 アクセス制御
 STEP6 抽象クラス
 STEP7 インターフェース
 課題14 抽象クラスを継承した各クラスで四則演算を行い、計算結果を出力
 課題15 インターフェースに定義された配列の要素から最大値と最小値を抽出し出力
第4章 例外処理
 STEP1 例外処理とは
 STEP2 例外クラス
 STEP3 例外処理
 STEP4 例外の通知
 STEP5 例外の通知宣言
 STEP6 継承と例外クラスの関係
 課題16 サンプルプログラムに例外処理を追加
 課題17 入力された値の例外チェックを行い除算結果を出力
 課題18 課題14で作成したプログラムに例外処理を追加
第5章 APIドキュメント
 STEP1 APIドキュメントについて
 STEP2 APIドキュメントの概要
 STEP3 APIドキュメントを作成する
 練習問題1

30時間
Javaマスター

第1章 コレクション
 STEP1 参照型の型変換
 STEP2 ジェネリクス
 STEP3 ボクシング
 STEP4 コレクションインターフェース
 STEP5 java.util.ArrayList
 課題1 コンソールから入力した数値をArrayListに格納し、ArrayListの内容と合計値を出力
 STEP6 シャローコピー
 STEP7 ディープコピー
 STEP8 拡張for文
 STEP9 java.util.HashMap
 課題2 コンソールから入力したキーと値をHashMapに格納し、HashMapの内容と検索結果を出力
 STEP10 java.util.Collections
 課題3 Collectionsクラスのsortメソッドを使用し、社員名簿を入社年月日の早い順に並び替え
第2章 ファイル操作
 STEP1 java.lang.Stringとjava.lang.StringBuffer
 STEP2 ファイルとディレクトリ
 STEP3 ストリーム
 STEP4 文字コード
 STEP5 テキストファイルの読み書き
 課題4 有効な最初のドライブ直下のディレクトリとファイルの一覧をファイルに書き込み
 STEP6 プロパティファイル
 STEP7 CSVファイル
 課題5 ファイル読み込み→条件を満たす社員の平均年齢を計算→コンソールに出力
 課題6 ファイル読み込み→条件を満たすデータ抽出→書き込み
 課題7 ファイル読み込み→並べ替え→書き込み
 課題8 ファイル読み込み(複数)→並べ替え→書き込み
第3章 マルチスレッド
 STEP1 スレッドとは
 STEP2 スレッドの生成方法
 STEP3 java.lang.Thread
 課題9 Threadクラスを継承し、複数のスレッドを実行
 STEP4 java.lang.Runnable
 課題10 Runnableインターフェースを実装し、複数のスレッドを実行
 STEP5 スレッド名と優先順位を設定する
 STEP6 スレッドを待機させる
 STEP7 同期
 課題11 synchronizedキーワードを使用してスレッドの同期をとり、カウンタの値を加算して出力
第4章 ソケット通信
 STEP1 ソケットとは
 STEP2 java.net.ServerSocketとjava.net.Socket
 STEP3 マルチスレッド化
 課題12 クライアントソケットから送信したデータをサーバソケットで受信しコンソールに出力

40時間
java Webプログラミング

第1章 イントロダクション
 01 Webアプリケーションの仕組み
 02 Webアプリケーション開発のための技術
第2章 開発に必要なソフトウェア
 01 開発環境について
 02 JDKを導入
 03 Tomcat7.0をインストール
 04 MySQL5.5をインストール
 05 Eclipseをインストール
第3章 JSPの基本
 01 JSPを扱うプロジェクトを作成
 02 JSPの基本構文
 03 JSPの宣言部について
 04 Javaコードの断片について
 05 リソースの呼び出しについて
 06 JSPのコメントについて
 07 EL式を使って値の出力
第4章 リクエスト処理と状態維持
 01 HTTP通信の基礎
 02 状態維持の仕組み
 03 JSPの暗黙オブジェクト
第5章 JSTL
 01 JSTLの概要
 02 JSTLの基本機能
 03 国際化対応と出力フォーマットを定義
 04 EL式用の関数を使って出力を加工
第6章 サーブレットとJavaBeans
 01 サーブレットとJSPの関係
 02 サーブレットでHello,Worldを作成
 03 サーブレットの基本構文
 04 サーブレットとJSPの違い
 05 サーブレットとJSP間でデータ連携
 06 サーブレット&JSPとJavaBeansとの連携
第7章 データベース連携
 01 SQLの基本
 02 JDBCと接続プールについて
 03 JavaからSQLを実行
 04 データベース処理専用クラスを準備
第8章 修了問題
 01 演算処理を行うプログラム
 02 スクール受講予約プログラム
 03 スクール受講予約プログラム2
 04 スクール受講予約プログラム3
 05 ユーザデータ検索プログラム

100時間

日本プログラミングスクールの「Java講座」にご興味をお持ちの方は、下のいずれかのボタンからお進みください。

 

 

日本プログラミングスクールのJava講座のご利用例

法人のお客様のご利用例(通学コース、オンラインコースの場合)

以下のパックがお勧めです。又、Java Webプログラミングの追加や、他のプログラミング言語と組み合わせてのご利用も可能です。詳細は、日本プログラミングスクールの法人様研修詳細をご覧ください。通学コース、オンラインコース、通信学習コースのそれぞれのご利用例をご覧いただけます。

カリキュラム内容期間研修費用予想助成金金額受講対象
プログラミング基礎
Java入門
Javaマスター

13日間
(85時間)

184,750円
(税込203,225円)

156,000円
(中小企業の場合)
新卒
未経験者
経験者

個人のお客様のご利用例(通学コース、オンラインコースの場合)

フリーパスポート50がお勧めです。又、Java Webプログラミングの追加や、他のプログラミング言語と組み合わせてのご利用の場合、フリーパスポート100、150、200もお勧めです。詳細は、日本プログラミングスクールの個人のお客様向けプログラミング講座のご案内をご覧ください。通学コース、オンラインコース、通信学習コースのそれぞれのご利用例をご覧いただけます。

コース名称有効期間受講時間受講費用
フリーパスポート50受講開始日より4ヶ月(16週間)50時間70,000円(税込み77,000円)

日本プログラミングスクールの「Java講座」にご興味をお持ちの方は、下のいずれかのボタンからお進みください。